口癖は、無意識の思いや考えの証拠 〜安藤百福発明記念館「チキンラーメンの女房 実録 安藤仁子」(中央公論新社刊)〜

ネギ多すぎで麺が見えないチキンラーメン

NHK朝の連続テレビ小説

「まんぷく」ヒロインのモデルになった

日清食品創業者・安藤百福氏の妻、

仁子(まさこ)さんの生涯をまとめた一冊。

仁子さんの口癖の一つは、

実母から教え諭された

「クジラのように物事を

すべて呑み込んでしまいなさい」でした。

 

波瀾万丈の人生をおくった百福氏と

家族に次々と襲いかかる多事多難を、

仁子さんが丸ごと受け入れ、

上手にやりすごして前を向けたのは、

実母の教えを心の柱にしていたからではないかと、

読んでいて感じました。

 

「口癖になる」ということは、

その思いや考えが無意識に

染み込んでいるという証拠です。

仁子さんの口癖=無意識の思いや考えは、

困難を乗り越え前進する原動力になりました。

 

しかし、逆の場合も当然考えられます。

自己否定や自己卑下、

他人への中傷、嫉妬などの言葉を

しょっちゅう口にしている人が

あなたの周りにはいませんか?

 

「言霊」と言われるように、

言葉は自分にも、他人にも

大きな影響を及ぼします。

自分の口癖、あるいは最近の言葉が

自分も他人も大切にしていないと

気付いた時こそチャンスです。

 

そうありたい思いや考えは

「書き表す」ことでより明確にできます。

カウンセリングでは一緒に言葉や文章を考えて、

実際に書き、日常の中で繰り返す時間を持つ

方法もお伝えしています。

 

安藤百福発明記念館「チキンラーメンの女房 実録 安藤仁子」(中央公論新社刊)

http://www.chuko.co.jp/tanko/2018/09/005125.html