心をささえるもの 〜映画『日日是好日』〜

縁側で桜を見ながら師匠がヒロインにかけた言葉に泣きました。樹木希林さん、さすがの名演です。

ふとしたきっかけで茶道を習い始めた

ヒロインの20数年間の軌跡を、

お茶の世界と共に描いた作品。

先ごろ亡くなられた名優・樹木希林さんが

茶道の師匠を演じられていることでも

大きな話題となりました。

 

季節ごとに表情を変える

お茶室と庭の風景が美しく、

しみじみとした風情のある映画。

茶道を知らなくても全く問題なく

心地よく観られる作品です。

 

思い通りにいかない、ままならない、

生きていくうえでの試練を、

ヒロインは“お茶”と、

師匠の滋味深い言葉によって

乗り越え、成長していきます。

 

心の拠りどころになり、

結果として自分の器を大きくしてくれる

なにかがあり、誰かがいるということ。

その「なにか」「誰か」は、

困難な時こそ、人を勇気づけ、

再び生き直す力をくれるのだと

気付かせてくれる作品です。

 

そしてまた、お茶の世界を通して

「今、この瞬間」を味わい尽くすことが、

その人なりの幸せにつながることも

さりげなく語りかけてきます。

 

あなたにとっての「なにか」「誰か」を、

考え、探してみませんか。

 

映画『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』

https://www.nichinichimovie.jp